FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イントロダクション:Second Love

親友のエリが酔いつぶれた時にポロッと喋ったハナシ。

エリは、普通の家庭に育った「普通のイイ子」だ。
今は介護関係の仕事をマジメにやっている。

介護の仕事は大変だ。
けっして高給取りというわけでもない。
だから、ちょこっと夜のバイトしていたことがあったんだそうだ。

この話だけでも私にしてみると超ビックリな告白なんだけど
ソレ以上のハナシがつづく。

もちろん、夜のバイトといっても風俗とかじゃない。
ガールズバーってやつ。

ただ、ボックス席もあったりするから少しキャバクラに近いのかもしれないケド
本人は「お水じゃないよぅ!」と力説してた。

お酒とか飲ませつつおしゃべりするお店は「お水」っていう気んだけど。

まあ、いいや。

…………。


その日はお客も少なくて、お店もがらんとしてた。

マホガニーっぽい重厚なカウンターに
間接照明で薄暗いゴシック調の店内は閑古鳥が鳴いても
かろうじて「落ち着いた隠れ家的バー」の雰囲気を保持していた。

エリの性格は見た目の派手さに比べると意外なほど控えめで
ハッチャけたような賑やかな雰囲気は苦手だったりするので
むしろこのくらいの静かな空気のほうが何となく居心地がよかった。

エリはカウンターで同僚のルナとぼんやりと下らない世間話をしたりして
時間を潰してるありさまだった。

ルナがつぶやいた。

「はふー、どっかにイイ男は落ちてないかなあ・・・」

それ今日7回目。エリは心のなかでツッコミをいれた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
アクセスカウンター
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

あっきー

Author:あっきー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。